菊水のブログ

太平洋戦争などに興味がない人や知識がない人に、少しでも先人の思いを伝えるために開設しました。どちらかと言うと詳しい人向けではないのですが、還らざる先人の軌跡をご紹介できれば幸いです。

台南の護り 零式戦闘機32型

零式艦上戦闘機 32型

f:id:KIKUSUI:20210120232612j:image

(左 22型 右 32型)

不人気な零戦

日本人に一番認知されているであろう零式艦上戦闘機(以下零戦)であるが、11型に始まり54型までの型式があることはあまり知られていない。

 

なかでも零戦32型は失敗作と言われる事が多く生産数もごく少数で、21型以降初の全面改良型新鋭機であるのに内地の部隊に多く配備された。

f:id:KIKUSUI:20201217201837j:image

(零式艦上戦闘機 21型)

f:id:KIKUSUI:20201217201945j:image

(零式艦上戦闘機 上21型 下32型)

21型からの改良点は主に発動機の改装(栄12型から栄21型)、機銃携行弾数の増強、生産性の向上でした。

なかでも着目すべき点は生産性の向上で、工作難易度を減らすべく翼端が50cmずつ短縮され、角形になりました。

一方で翼の短縮などにより燃料タンクが縮小し、零戦持ち前の航続距離が短くなってしまいました。この短くなった航続距離が零戦32型の評価を大きく左右してしまいます。

その活躍

零戦32型は期待を背負って日々激化するガダルカナル航空戦に投入されます。

このガダルカナル航空戦の特徴は日米の拮抗する航空戦力が相対した最後の戦いと言える事でしょうか?

また、ラバウル方面からガダルカナル島まではかなりの距離があり、日本軍には大きな負担になりました。

こうした中で発生したのが二号零戦問題です。簡単な説明で恐縮ですが、ざっくり話すと一号零戦(21型)に対して二号零戦(32型)が航続距離が短過ぎるため、ガダルカナル航空戦に参加できないと言う話です。

兵器はいかに優れていようと必要な環境に適応できなくてはいけません。

登場した時期が零戦32型の評価を変えてしまったのです。

f:id:KIKUSUI:20201217222048j:image

(写真は航続距離を延長した22型)

その後ブーゲンビル島に日本軍の前進基地が出来てからはこの問題は落ち着きを見せます。

零戦32型もようやく作戦に参加すると持ち前の格闘戦性能を活かして活躍します。

米軍からは零戦とは異なる新型戦闘機として認知され、コードネームはHampとされました(零戦はZeke)。米軍の評価は上々でした。

台湾上空で

そんな零戦32型の物語です。

場所は台南市街地上空。日付は1944年10月12日のことでした。この頃は台湾沖航空戦の真っ最中で台南に米艦載機が来襲しました。

それを迎撃した日本軍機の一機に搭乗したのが杉浦茂さんでした。

杉浦さんの駆る零戦32型は戦闘の最中被弾炎上、市街に向かって降下を始めます。しかし市街地への墜落を避けるべく郊外まで誘導し脱出したものの、米軍機の機銃掃射を受け戦死しました。

杉浦さんが自身の死が迫るなかで最後まで住民の命を守ろうとしたことに感謝して、現在では飛虎将軍廟にて神様として祀られています。(オカルト要素があるのですが、興味を持たれた方はご自身で調べてください)

2016年9月21日、杉浦さんの神像が故郷である水戸市に里帰りを果たしました。

それは実に戦後71年ぶりの里帰りとなり、水戸の市民有志に温かく迎えられました。