菊水のブログ

太平洋戦争の戦跡などを巡っています。場所の紹介の他に作戦機と搭乗員の方々の物語を可能な限りご紹介しています。また戦跡などに関係ないページも多数掲載する予定ですが、これは当時のことに興味がない方に知ってもらうきっかけとするためです。読みにくい部分があるかと思いますが、ぜひ還らざる先人の思いに触れてみてください。

(13)日本戦跡探訪 大井海軍航空隊跡

f:id:KIKUSUI:20210228194315j:image

白菊に想いを乗せて

f:id:KIKUSUI:20210228194729j:image

大井海軍航空隊

大井海軍航空隊(以下大井空)は1942年4月1日、静岡県榛原郡川崎町は大井飛行場にて開隊された。大井飛行場は牧之原台地の茶畑を接収し後に増設された。

大井空は同年11月に土浦海軍航空隊を卒業した学生の受け入れを開始し、1944年の最盛期には3000名の隊員が錬成に勤しんだ。

また大井飛行場の位置関係から遠州灘付近の輸送航路を脅かす、敵潜水艦の対潜哨戒や対潜掃討を行う館山海軍航空隊を迎えた。

その後敗退が続く戦況でも搭乗員の錬成に励んでいたが、1945年3月25日に天一号作戦が発動。大井空も菊水作戦(航空総攻撃)に策応し、練習機白菊による三個特攻隊を編成し八洲隊命名され、菊水一号作戦より特攻出撃待機となった。

菊水作戦は10度に及んだが八洲隊には出撃命令が出ず、菊水十号作戦終了をもって出撃待機は解除となった。

大井空は全国の練習航空隊が錬成を停止する中で、数少ない錬成機関として終戦まで活動しました。

大井飛行場を巣立った多くの偵察機搭乗員が自身の任務を全うし、還らざる索敵飛行に出撃しました。彼等の命と引き換えに入手した情報が日本海軍の作戦を支えました。

天一号作戦

天一号作戦とは大戦末期に本土防衛を目的とした作戦である。天号作戦の最大の特徴は作戦の手段を航空機に頼った点である。

これは可能な限り本土より離れた場所で敵を食い止めたい意志の現れだと菊水は考えるが、フィリピン特攻戦台湾沖航空戦レイテ沖海戦と日本の航空戦力は消耗が激しく作戦遂行能力は厳しいものであった。

また天号作戦では陸海軍で作戦の捉え方が異なり、最終的に本土で敵を迎え撃つ計画を志向し国内に戦力を残置する方針を示した陸軍に対し、海軍は沖縄を天王山として可能な限りの戦力を差し向けた。

認識は異なる一方で本土に迫り来る敵が南西諸島(沖縄)を前進基地に利用すると公算した陸海軍は、米軍による着上陸戦過程において痛撃を与えることを目的とした。

結果として1945年4月6日より、1800機を超える特攻機をもって航空総攻撃たる菊水作戦が発動された。

大井海軍航空隊跡地

f:id:KIKUSUI:20210228201421j:image

現在、大井海軍航空隊を伝えるのは牧之原コミュニティーセンターに練習機白菊の車両や発動機が展示されています。この発動機は特攻訓練中に墜落した白菊の発動機とされています。

f:id:KIKUSUI:20210228201354j:image
f:id:KIKUSUI:20210228201349j:image

他には防空施設や明治基地跡にも散見した燃弾庫らしい物が遺されています。これらの施設は私有地に点在しており、数十年後には存在しなくなっているかも知れません。日本のために命をかけた先人達の記憶を写真という形でも遺さねばなりません。

f:id:KIKUSUI:20210228201843j:image

防空施設
f:id:KIKUSUI:20210228201846j:image

燃弾庫

 

 

 

 

(11) 日本戦跡探訪 明治航空基地

f:id:KIKUSUI:20210130001236j:image

東海の護りは南の空に散った

明治航空基地

明治海軍航空基地は1943年より建設を開始し、1944年より第三四五海軍航空隊(以下三四五空)明治派遣隊が実用機(紫電)による訓練を開始した。戦局の悪化に伴い中京圏防空を任務とした。

その後三四五空に続き第ニ一0海軍航空隊

(以下ニ一0空)が明治航空基地で開隊され戦列に加わりました。

中京地区は三菱重工の航空機生産拠点があり、空襲の格好の目標となりました。

明治基地所属ニ一0空はB29迎撃戦において活躍し、他の航空隊や高射砲と協力して多数の損害を与えました。

ニ一0空の菊水作戦投入後は同部隊の再編により原隊復帰し、明治、豊橋、名古屋(伊保原のことか)などの各基地にて戦力温存に努めました。

第三四五海軍航空隊

f:id:KIKUSUI:20210131212800j:image

局地戦闘機を本格的に配備するべく編成された部隊。1944年1月15日に兵庫県西宮は鳴尾飛行場で開隊された。紫電を72機配備する予定であったが生産が間に合わず、零戦により編成された。

明治基地にはようやく紫電が配備された三四五空から分遣隊が配備され訓練を行った。

三四五空はなかなか配備が進まない戦闘機定数に悩まされつつ錬成に励みましたが、マリアナ決戦失敗後の航空隊再編に伴い第三四一海軍航空隊の指揮下に移りました。

第ニ一0海軍航空隊

ニ一0空は来るべきフィリピン方面決戦(レイテ決戦)に向けて、実戦機の実戦的な訓練を行うために1944年9月15日に明治航空基地で開隊されました。

そのため訓練に向けて大規模な部隊が編成されました。特に付近に三菱の航空機生産拠点(三菱重工名古屋航空機製作所)があり、新造機の補充が比較的容易とされていました。

作戦機定数は以下の通りです。

艦上戦闘機 48機

局地戦闘機 48機

陸上偵察機 24機

艦上爆撃機 24機

艦上攻撃機 24機

しかし戦況の悪化により、占領地より飛来するB29が名古屋地区に空襲を行うようになります。

ニ一0空はこの迎撃にあたり明治基地より出撃しました。

1945年に沖縄防衛戦が開始されると、精強なニ一0空にも菊水作戦参加が要請され、国分基地や串良基地、出水基地に分散配置となりました。

菊水作戦には一号より参加、作戦初日から彗星部隊による対機動部隊攻撃の他に、零戦紫電部隊による制空戦を行いました。

精鋭たるニ一0空でしたが、4月11日にはついに爆装零戦、爆装彗星による特攻隊が出撃しました。

菊水作戦参加は三号が最後となり、制空部隊として特攻機の血路を開きました。

f:id:KIKUSUI:20210131211230j:image

菊水三号以降では原隊に復帰し再編成をされ、明治基地等に分散配置され戦力の温存に努めました。

この温存の期間中は迎撃戦にも参加せず、空襲の間を縫って搭乗員の錬成に励みました。終戦時には稼働状態の零戦45機を含む65機を保有していましたが再び飛び立つことはありませんでした。

明治航空基地跡

f:id:KIKUSUI:20210131211341j:image
f:id:KIKUSUI:20210131211337j:image
f:id:KIKUSUI:20210131211334j:image

現在では明治航空基地の存在を示す遺構は少なくなりつつあります。石碑により説明があります。

f:id:KIKUSUI:20210131211707j:image
f:id:KIKUSUI:20210131211711j:image

f:id:KIKUSUI:20210131211704j:image
カマボコ型の建造物は燃弾庫というものです。飛行機に補給する燃料や弾薬を分散保管していたようです。

f:id:KIKUSUI:20210131211716j:image

東端公園敷地内には明治基地戦没者慰霊碑が建立されています。名古屋の防空戦に、沖縄防衛戦に多数の搭乗員が空を朱に染めて波間に散りました。

f:id:KIKUSUI:20210131211914j:image

明治航空基地があった敷地より見上げた空は綺麗でした。明治航空基地に勤めた将兵も同様に空を見上げていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

菊水の写真館

菊水が作成した写真を加工した写真です。

こうした写真はブログの表紙に使用しています。

誰かがこれに乗って出撃すると思って作成してはいるけど、出来栄えはイマイチ。

 

 

菊水の写真館

 

f:id:KIKUSUI:20210123193001j:image

零式戦闘機 52型 

f:id:KIKUSUI:20210123193139j:image

零式戦闘機 52型(奥に二式水戦)

f:id:KIKUSUI:20210123193246j:image

零式戦闘機とその他多数(それらしい雰囲気を出したかった)

f:id:KIKUSUI:20210123193405j:image

艦上偵察機 彩雲

f:id:KIKUSUI:20210123193448j:image

艦上攻撃機 天山

(Wikipediaの写真を真似したかった)

f:id:KIKUSUI:20210123193605j:image
零式戦闘機 (塗装の剥がれの練習をした)

f:id:KIKUSUI:20210123193803j:image

艦上攻撃機 流星(奥は九七艦攻)

f:id:KIKUSUI:20210123194048j:image

零式戦闘機(左二二型右三二型)

f:id:KIKUSUI:20210123194159j:image

四式戦闘機(一番手前・陸海軍合作)

f:id:KIKUSUI:20210123194306j:image

出撃直前をイメージ

f:id:KIKUSUI:20210123194434j:image

一式陸攻(菊水は天山と同じくらい好き)

f:id:KIKUSUI:20210123194542j:image

三式戦闘機 飛燕(迷彩が大変だった)

 

第一弾はここまで。

需要はないけど個人的な記録としてこれからもやるかも?

 

 

(10) 日本戦跡探訪 若桜の碑

国難に立ち向かう若鷲よ集え

f:id:KIKUSUI:20210120233807j:image

岡崎海軍航空隊

岡崎海軍航空隊(以下岡崎空)は1944年2月に第一河和海軍航空隊(以下河和空)の岡崎分遣隊発足にルーツを持ちます。

河和空は第一河和海軍航空隊と第二河和海軍航空隊に分かれており、第一河和空が整備兵の育成を担当し、第二河和空は水上機搭乗員の育成を行いました。

本来では実戦部隊の駐留地を目的に造成された岡崎飛行場でしたが、ガダルカナル航空戦以降急激に損耗した搭乗員や整備員などの育成を優先すべく、岡崎空は練習航空隊として産声を上げました。

岡崎空は三個航空隊で構成されており、第一及び第二は航空機整備、第三は名古屋海軍航空隊分遣隊より独立した搭乗員育成部隊でした。

開隊が1944年と戦争の趨勢は決しつつある時期ではありましたが、12000名の若鷲を育て上げました。

この12000名は内外の各航空隊に羽ばたき、或る者は空に、或る者は南の海に、そして或る者は基地守備隊とともに陸上戦に散りました。

第三岡崎海軍航空隊

第三岡崎空は名古屋海軍航空隊分遣隊より独立し、練習機定数144機と大きな規模を有した航空隊でした。

その後戦況の悪化により練習航空隊の指定は解除となり三個特攻隊の整備を命じられるに至りました。

1945年6月6日、各特攻隊は笠之原・西条・姫路に進出し出撃の時を待ちましたが、出撃前に終戦を迎え第三岡崎空が特攻出撃をすることはありませんでした。

しかし、岡崎の地で共に訓練に励んだ多くの若鷲が南方の海や空に、そして沖縄の波間に消えたことをここに記します。

f:id:KIKUSUI:20210122091040j:image
f:id:KIKUSUI:20210122091035j:image

f:id:KIKUSUI:20210122091405j:image

この写真は若桜の碑。岡崎より各地に羽ばたいた若鷲達の軌跡をしるしている。柳川瀬公園(豊田市)の一角にひっそりと佇む。

 

 

 

 

 

 

(9) 日本戦跡探訪 伊保原飛行場跡

草薙隊沖縄に向け出撃す

f:id:KIKUSUI:20210120114652j:image

名古屋海軍航空隊と草薙隊

名古屋海軍航空隊(以下名古屋空)は1941年に伊保原飛行場に進出した霞ヶ浦海軍航空隊分遣隊が、1942年に正式に独立し開隊された。

名古屋空の任務は実戦機を配備したような部隊ではなく、練習航空隊として陸上機搭乗員の育成にあたった。

しかし戦況が風雲急を告げ始めた1944年9月より、実戦機である九九式艦上爆撃機による操縦訓練を開始。

翌年には練習航空隊の任を解かれ特別攻撃隊を編成するに至った。

この時に編成された部隊が特別攻撃隊 草薙隊であった。同隊は九九艦爆により編成され、菊水一号作戦から四号作戦に呼応して九州は第二国分基地を延40機が出撃、28機が未帰還(戦死56名)となった(一説には三回の出撃で戦死63名)。

おそらく四号作戦終了時に名古屋空は実戦機、搭乗員を消耗し尽くして解隊されたと思われる。

f:id:KIKUSUI:20210120120232j:image
f:id:KIKUSUI:20210120120224j:image

写真は浄水町にある草薙隊の碑である。

この慰霊碑は沖縄の返還時に生存搭乗員や機付けの整備兵など有志が集い建立した。

石碑の一部を紹介する。

 

彼ラガ眠ル沖縄ノ地ガ祖国復帰ノ日ヲ迎ウルニアタリ有志ノ協力ヲ得テ豊田市在住ノ元海軍軍人本碑ヲ建立シ

 

草薙隊ノ忠烈ヲ永ク後世ニ伝エルモノナリ

 

自分の整備した飛行機に搭乗する戦友を機付けの整備兵はどう思い見送ったのだろうか。

菊水が読んだ回想録に登場した機付けの整備兵は当番の機を救うため、機銃掃射の中でも果敢に飛び出して行きました。

自分は飛んで行けない悔しさや仲間を送る悲しさを乗り越えて、精一杯の整備をして帽振れで見送ったに違いありません。

菊水が訪れた際には石碑は綺麗でしたが、現在では関係者の高齢化のため慰霊式典などはされないようです。

どうか草薙隊の方々を忘れないように地域の人々と共に語り継いでいきましょう。

第二国分基地と特攻花

f:id:KIKUSUI:20210120123208j:image

第二国分基地は国分海軍航空隊より発足した本土決戦に備えた基地であった。

元々は練習航空隊であった国分空であったが、戦況が悪化しついに航空総反撃(菊水作戦)が開始されると

状況は一変した。

九州の飛行場は特攻機の出撃地になる他、九州の防空隊や制空隊、一般作戦機が展開するために練習機材は四国の観音寺に移転した(観音寺海軍航空隊)。

特攻花とは地域や歴史によって異なりオオキンケイギクとテンニンギクの二種類存在する。

第二国分基地の周囲に咲いていたのがオオキンケイギクとされており、ここに植えられていたのは第二国分基地がある十三塚原より種をいただいたものらしい(現在は移植等は禁止)。

菊水は立て看板のセリフを読んで何故か涙ぐんでしまいました。

「ホラ、プロペラの音が、風の声が」

今では何代も後のオオキンケイギクかもしれません。しかし、当時のプロペラ音と精一杯に振る帽子の風切り音を現代に伝えてくれているような気がしませんか?

 

菊水のブログ 自己紹介と目的

今更ながら、、、

自己紹介

菊水は平成8年生まれで現在は社会人として働いています。学生時代は関西に住んでいましたが、どのようなご縁か愛知県でお勤めをする事となりました。

 

戦跡を巡るようになったきっかけ

もともとは外交安全保障に興味があり、太平洋戦争についても人並みに知ってはいたのですが特段調べようとも思わずに日々を過ごしていました。

こうして時は過ぎ社会人になってからのこと、会社の同僚よりプラモデルの作成を勧められて新たな趣味にと思い、自分の好きな旧軍機の作成を始めました。

初めはただ作るだけだったのですが、作り込むうちにその飛行機の歴史やどんな人が乗っていたのか、どんな戦いに参加したのかを知りたくなり調べ始めたのが始まりでした。

 

衝撃を受けた出来事

そのような中で菊水が一番衝撃を受けた出来事は休日に突然やってきました。

ご存知の方も多いかと思いますが、YouTubeなどの動画サイトには日本軍機の映像が多数あり、特攻機の動画も存在します。

飛行機の勉強に動画を眺めていたときに串良平和公園(地下壕第一電信室)の動画が目に入りました。特に何も考えずに動画を見て菊水は固まってしまいました。

突入してゆく特攻機の中で何が起こっているのか、考えたことはありませんでした。

特攻機は自身の最期の瞬間まで報告する。搭乗員の方はどのような気持ちで信号機を押したのだろうか。考えだすと終わりが見えませんでした。

これまでも様々な特攻機の映像は見ていたのですが、突入する飛行機に焦点を当てた映像でありその操縦席に人が座って操縦桿を握っていると考えたことはありませんでした。

その動画を見てから実際に特攻機が飛びたった九州に足を運びたいとの思いが芽生えました。

それから私は様々な戦跡を巡り手を合わせるようになりました。また、資料館を訪れてどのような方々が自身の命を犠牲にして我々にバトンを繋いでくれたのかを知りました。

 

菊水のブログの目的

初めは英霊の供養や自身の勉強に様々なことを調べていた菊水でしたが、ある時同僚より知ったことを自分の中に止めるのはもったいないと言われブログの開設を考えました。

特に戦争関係をタブー視する時代が続いた中で忘れ去られようとしている英霊の事を一人でも多くの人に知ってもらいたい、そして感謝の念を英霊達に捧げてあげてほしいと思い菊水のブログを開設しました。

時代に翻弄されその波間にうずもれているように思います。

よく人間は二回死ぬと言われます。

一回目が物理的な死で二回目が存在を忘れさられることです。

私は自身の命を懸けて今の私達に命のバトンを繋いでくれた方々を二度死なせてはいけないと思っています。

 

私も最近までは詳しく知らなかったのですが、父方のおじいさんのお兄さんが亡くなっていたそうです。その方は陸軍大尉で輸送機に搭乗されていたというお話は聞いたことがあるのですが詳しいことはわかっていません。ただ、遺骨が還らなかったことと、操縦桿が代わりに送られてきたという話を聞いたことを覚えています。

実家にあるお写真をみると私と同じくらいの年齢だと思うのですが大変立派な方だと感じました。

 

どうか75年前に未来の日本と自身の家族を想い波間に消えた方々のことを忘れないでください。

 

全ての戦没者の方々が安らかに眠れるように願い、私の挨拶とさせて頂きます。

 

(8) 日本戦跡探訪 三重海軍航空隊跡

予科練達が青春を捧げた地

海軍飛行予科練習生

f:id:KIKUSUI:20210108150747j:image

真珠湾攻撃を皮切りに航空戦時代の幕開けを示した日本であったが、時代の最先端機材たる航空機を取り扱うには優秀な人材と適切な訓練を必要とした。

そんな日本海軍の搭乗員需要を支えたのが海軍飛行予科練習生(以下予科練)であった。この制度の始まりは戦前の1929年12月まで遡り、応募資格は満14歳以上20歳未満であった。この制度はその後度々の内容の変更を経て戦争に突入した。

日本の初戦の連戦連勝を支えたのがこの時までにしっかりと錬成できた搭乗員であることは間違いありません。

香良洲 三重海軍航空隊

f:id:KIKUSUI:20210108143302j:image

戦争初戦の連勝により戦線は拡大し、航空機搭乗員の損耗も激しくなると需要がより大きくなることとなった。それまでは土浦海軍航空隊が一手に引き受けていた予科練の錬成はもはや飽和状態となりつつあった。

そのため三重県一志群香良洲に新たに予科練の育成機関である三重海軍航空隊(以下三重空)を編成するに至った。

ただ航空隊とは名がつくものの訓練機や実用機の配備はなく、実機訓練に至る前段階での訓練を行なっていた。この内容が漫画「零戦少年」(著者葛西りいち氏)で細かに書かれている。そのため三重空では海軍兵としての精神や遠泳などの訓練が行われていたようです。

そんな中でもパラシュート訓練は技術も未発達で事故が絶えず殉職者が多かったと言われています。

そんな三重海軍航空隊を巣立った若鷲達は自身の任地に赴きその限りある命をに散らしたのでした。

香良洲歴史資料館(若桜館)

f:id:KIKUSUI:20210110103337j:image

(旧三重海軍航空隊隊門:若桜館)

太平洋戦争も終結し、多くの若者を育て上げた三重空でしたが現在は一部の施設や慰霊碑を除いてその姿は見ることができません。

その歴史を今に伝えるのが香良洲歴史資料館(以下若桜館)と言われる香良洲の歴史資料館です。

ここでは三重空の歴史を伝えるとともに、戦後に戦友会や予科練の同期会が建立した慰霊碑が多数設置されています。

最後に若桜館に設置された四つの慰霊碑より一部を抜き出してご紹介します。この慰霊碑は大空に還った戦友達を偲ぶ石碑です。その壮烈な最期が目に浮かび涙せずにはいられないように思います。

 

此処は旧三重海軍航空隊の一隅なり

 

或る者は還らざる索敵飛行を続行

或る者は愛機諸共体当たりを敢行

或る者は飛ぶに翼なく陸に海に特攻出撃に参加

 

或る者は南海の空に敵機動部隊に肉弾突入

或る者は本土迎撃に敵機との空戦

或る者は訓練中

還らざる機となり

 

雲流るゝ果てに

或いは南海の波間に

或いは特攻出撃に散華せり

 

「散る桜 残る桜も散る桜」

 

戦友よ眠れ静かにそして安らかに波青き香良洲の浜に

 

最後に写真を幾つかご紹介します。

f:id:KIKUSUI:20210110105033j:image

機上練習機白菊の主翼。訓練機でありながら菊水作戦では特攻機として出撃した。ただし本機は軽量化のため信号装置が隊長機以外なかったためその戦果の全容を知ることは当時できなかった。

f:id:KIKUSUI:20210110105419j:image

特攻艇震洋のエンジンとスクリュー。末期には飛行機の不足から、震洋や回天と言った海上特攻兵器に転科する者も多かった。

f:id:KIKUSUI:20210110105634j:image

香良洲の浜付近にある三重海軍航空隊の慰霊碑。若桜館より少し離れたところにある。

f:id:KIKUSUI:20210110105740j:image

海軍用地であることを示す石標。